CI / VI / Logo:足立織物株式会社

1950年に繊維製品製造業として創業以来、先染めシャツ地・ハンカチーフの製造から、海外でのタオル製造や、真空圧縮技術を用いた製品企画へ事業領域を少しずつ拡大し、東日本大震災以降、備蓄の省スペース化に貢献する世界最小の真空パック毛布「非常用圧縮毛布」を完成させた足立織物株式会社。

2021年5月1日、3代目に事業承継し、「時流により求められることをいち早くキャッチし、カタチにして、お客さまへ届ける」という信念と、技術研究へ愛情を注ぎ、独自のものづくりに挑戦する姿勢を受け継ぎ、100年企業を目指すための CIリニューアル。
Step 01:リサーチ

リサーチ
・足立織物株式会社を理解するための相互情報共有(現状 / 歴史 / 事業 など) 
・製造現場の視察
・業界や同業他社の事例調査

CI(Corporate Identity)Map 作成
▶︎MI(Mind Identity)をインプットするためのヒアリング / ビジュアル化
・経営理念「自尊他尊」
・ミッション「さすが!足立織物」
・ビジョン/バリュー/スローガン 「時流により求められることをいち早くキャッチし、カタチにして、お客さまへ届ける」
▶︎BI(Behavior Identity)をインプットするためのヒアリング / ビジュアル化
・行動指針「あだちのおせち」
▶︎VI(Visual Identity)/ ロゴ(シンボルマーク・ロゴタイプ)の用途を明確化
Step 02:コンセプト設計

Step 01:リサーチより、「足立織物」の表記(漢字の意味)/ 呼称が、足立織物が目指すビジョンや、3代目の経営方針に合致すると捉え、足立織物をそのままVI(シンボルマーク+ロゴタイプ)で表現するというコンセプトを設定。

・「織 / 繊 / 維」の意味が、足立織物 創業からの歴史 / ルーツ / 姿勢を表現しているため、受け継ぎ、次のビジョンへ繋いでいく想いを込めて、VIに漢字を使用する。
・3代目の方針「人を軸にした経営」を表現する。(ひとづくり → ことづくり → ものづくり)
・足立織物のミッション「さすが!」と認知してもらうために、初見でも認識できる(読める)VI を目指す。
 Step 03:デザイン

シンボルマーク+ロゴタイプ「足立織物」
・Step 02:コンセプトより、人の文字を組み込んだ足立織物を表現。
・4つの漢字とマークがモジュールとして機能し、用途に合わせて組み替えやすい(縦組み / 横組み / 田の字組み)副次効果も意図している。

シンボルマーク「ADOM」
・足立織物4字の頭文字を、篆刻印のように「足立織物じるし」としてマーク化。
・まっすぐなさんかく「足立のA」:太陽に向かってまっすぐ伸びる筍のように、ビジョンに向かってまっすぐ成長 / 飛躍していく姿を表現。
・ふくらんだまる「織物のO」:織物からはじまり、真空 / 防災へと時流に合わせて発展してきた歴史から、やわらかく姿形を変化させる水のように、なにものにでもなれる柔軟な発展を表現。

ロゴタイプ「ADACHI ORIMONO」
・読みの補完を主目的とし、既存表現(商品ロゴなど)に合わせやすいフォントを選定。
 Step 04:マニュアル

・アイソレーションエリア設定
・最小表記サイズ設定
・カラー設定
・使用背景に合わせたカラー設定
2022.05.01
CI:SEDIE DESIGN
 Step 01:リサーチ・撮影・MI / BI ビジュアル化
 Step 02:VI コンセプト設計
 Step 03:VI デザイン
 Step 04:VI マニュアル制作
Back to Top